Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほんの少しだけ賢くなった理由。

夫婦揃って運転嫌いなワタシたちですが、
先週カリフォルニアをほぼ縦断する片道10時間ドライブの旅という暴挙に出ました。
行き先はマウントシャスタ。
地図で見ればオレゴンがもうすぐそこという遠くまでなんで車で行ったかといえば
それはもうやそきちさんを連れて行くためですとも。

IMG_1694.jpg

不毛の砂漠地帯や360度視界をさえぎるもののないどこまでも続く平地や
州都サクラメントを通過して、着いたところは針葉樹の森や山に囲まれた
パワースポットしろうと(?)のワタシでも聖地と呼ばれるのがうなずけるような
気持ちのいい小さな街でした。


IMG_1680.jpg
頭の中でstand by meを大音量で流しながら線路を歩いてたどり着いた滝とか、

IMG_1710.jpg
日頃の運動不足がたたってもうだめかもしれないと思いながら登った
(って20分くらいのトレイルに大げさすぎですけど)
山の中腹にある清冽な水が湧き出る源泉とか、

IMG_1730.jpg
車で山道をどんどん登ってこんな高いところに?とびっくりした湖とか。

そのどれもが静かに明るくてハッピーでそこにいつまでもただ座っていたい場所で、
ココロが洗われるっていうのはこういうことかという
今まで経験したことのないような時間でした。

IMG_1717.jpg

さて常日頃のお散歩ではすれちがう犬のみなさんにやたらと吠えちらかす
失礼きわまりないやそきちさんに、この旅で生涯2番目の友達ができました。
初対面ではいつもどおりの失礼な大騒ぎを吐くまで繰り広げたやそきちさんが、
山を歩き水の流れを眺めているうちに、一緒にいることがあたりまえになり、
耳をなめられてもじっとしていられるようになったのは、
ひとえに陽気でがまん強いズンちゃんとあの夢のような自然のおかげです。

IMG_1701.jpg

山の中や水際を颯爽と駆け回るのがよく似合うズンちゃんの後ろに、
自然の中に置かれると違和感たっぷりの肉だんごみたいなやそきちさんがくっついて歩く姿や、
彼が何の躊躇も無く水しぶきをあげて渡った小川の手前でやそきちさんがぴたりと立ち止まって
ここは無理ですとワタシを見上げるのが何とも対照的でしたが、
やそきちさんにとっても楽しい旅であったことはまちがいないようです。

IMG_1693.jpg







ファーストプライオリティ。

やそきちさんは生後3ヶ月ほどでわが家にやってきて、
それから1年ほどは落ちてるものをなんでも吸い込む高性能の掃除機みたいな食欲で
“そうじきやそきち”と呼ばれておりました。

sc000ef795.jpg

それがいつの頃からか食への興味を失いドッグフードなどちっとも食べなくなり、
根負けしたワタシがごはんを手作りするようにして食欲を取り戻しましたが、
それでもごはんに対しては“食べてやってもいいけど”的な“高飛車な態度。
それよりもとにかく散歩命でした。
“さんぽ”というコトバはもちろん、“行く?”でも“聞く?”でも“敷く?”でも反応して
ものすごい勢いのパグ走りを繰り広げ、落ち着かせるのにひと苦労だったので、
ひところわが家では“散歩”“行く”が禁句となり、
“そろそろあれにする?”などとこっそりささやきあっておりました。

CIMG0159.jpg

それが。
あと3ヶ月後に8才になるやそきちさん、
今では“散歩”にも“行く”にもなんの反応もありません。
どころかややもすれば迷惑そうですらあります。

IMG_0350.jpg

で、これまで散歩に注いでいたエネルギーはどこへ行ったかといいますと、“食”です。
以前はのんびりと出されていたものを食べていた彼は
今やワタシがキッチンに立つと“ごはんまだですか?”とうろうろ。
週末などやそきちさんには先に食べさせてから、ひとのごはんをのんびり支度していると
それは誰のごはんですか?とわくわく待ち続け、
自分のではないと知っても食べてる私にぴったりとはりついて
ときにはきゅんきゅん言っておこぼれを狙い続けます。

CIMG0213.jpg

だというのに歳とともに少々くたびれ気味の消化機能がその旺盛な食欲について行けず
たまにおなかこわしたりするので、ごはんを減らされたり抜かされたりするはめになり、
そんなのどれだけ説明したって理解しませんから、
ワタシはいつまでも“まだもらってませんけど?”オーラで無言の攻撃を受け続けるのです。


歳をとっても手放せないもの。

近頃めっきり顔に白いものが増えたやそきちさんです。
6才ぐらいまではフォーンなのに顔だけがどんどん黒くなり、
実は黒パグでこのままどんどん身体も黒くなっていく?疑惑も飛び交ったものですが、
7才を境にそんなウワサもすっかり聞かなくなりました。

IMG_0858.jpg


シニア世代ともなりますとまめなチェックアップが必要です。
昨日は何やらのワクチンだの、ウンチの検査だの、
目の検査だので病院に行ってまいりました。
最近やそきちさん下痢というほどではないけれども
なんだかおなかの調子がすぐれないことが時々あるので先生に尋ねてみたらば、
どうやら健康状態に問題はなさそうなので
歳とともに腸の消化機能が少し弱ってきたのでしょうとのこと。
消化を助ける酵素やらハーブやらの入ったサプリメントを購入して帰ってきました。
そんなお年頃。

IMG_0872.jpg

やそきちさんが歳をとるとともに、
彼の心のトモであるくまの3兄弟もだいぶくたびれてきました。
スポイルドドッグのやそきちさんはおもちゃをたくさん持ってるんですが、
彼の人生最大のピンチであった1週間のお泊まり保育
(獣医さんに預けられすねてハンガーストライキを決行しげっそりやせて帰ってきた)と
幾多のお留守番を共に乗り越えたくまの3兄弟がいれば実は他はどうでもいいのです。
留守にしてたひとが帰ってきたときなど、
ケージから飛び出してきたと思ったらすぐにこのこたちを取りに引き返します。
嬉しくてはーはーしちゃう興奮を静めるには
このこたちの手足をしがしがと噛み締めるのがいちばんです。
たまにこっそり洗濯されて、1日ぶりの再会を果たしたときのまあ鼻息のあらいこと。

IMG_0864.jpg

が、このたび初代のくまが引退を余儀なくされました。
ふとみたらやそきちさんがあまりにもしがしがしたせいで、
手の先が破れて中の綿がほとんどなくなってたのです。
どうやらみんなやそきちさんが食べたようです。
それでおなかこわしたんじゃないの?




この世のものでないようないきもの。

Alice in Wonderland 観てきました。
思えば原作もディズニーのアニメも何度読んだり観たりしたか覚えてないほど、
実はアリスが大好きだったワタシ。
それはそれは楽しく心弾む1時間40分でした。
映画におつきあいいただいたアリスをかじりもしなかった男子は、
19歳のアリスが穴に落ちてから帽子屋のパーティーに至るまでの、
ワタシがへらへら笑いが止まらないあたりが退屈だったそうです。

008a.jpg

それはともかく、このてのこの世のものではないようなイキモノが出てくる映画では、
必ずやそきちさんを見つけることができます。
かいじゅうたちのいるところしかり。
今回も数々のやそきちさんたちを見つけましたが、
だんとつはあの青虫(いもむし?)のおじさんでした。
もうそっくり。

IMG_0812.jpg

だいたいやそきちさんは耳をかくすとほとんど犬には見えないんですけどもね。

やそきちねーさんはどうにかこうにか卒業だそうです。
やそきちさんはどこからも卒業することはありません。

IMG_0654-1.jpg



寒い夜のおとも。

やっと春のきざしが見えてきた南カリフォルニアですが
3月にはいってそれは寒い日が続きました。
どれくらい寒いかというと朝ワタシにくっついて起きてきたやそきちさんが、
無理。とおふとんに引き返していったくらい。
今年の冬はあんまりヒーターもつけなかったし、
真冬仕様ジャケットもセーターも出番がなく、
なんかいつもよりあったかいねと言ってる間にもう3月だから春だわと
すっかり気を緩めていたところでの仕打ちでしたので体感温度は実際の温度を下回り、
なんかもう日本の真冬みたいよねなんて言っておりました。
ニッポンは春の嵐とかで雪まで降ったというのに、
この程度でさむいさむい言ってたらおこられるかもしれませんけど。

IMG_0740.jpg

そんなときにはひっつきたがりのやそきちさんが何より。
寒い夜には腰を落ち着けたが最後、
ワタシがどういうふうにすわっていようともぐいぐいっと足の間に入り込み
しばらくもそもそと動いて気持ちいい体勢を整えると、ちょっとやそっとでは動きません。
用事があってちょっとごめんと立ち上がろうものならぶーぶー文句をいう。

IMG_0804.jpg

さて寝ましょうかと歯をみがいてる間にとっとと先回りして枕の上でまちかまえ、
おふとんをめくった瞬間にぴゅうっと奥深くに入っていき、足の間におさまる。
ちょっとあったまってくるとごそごそのぼってきて、
腕まくらを確保したうえで、顔だけふとんの外に出す。
さらにあったまるとふとんから出てあしもとにさがっていき、
足をまくらにしてごろんと寝る。
冷えてきたらまたおふとんに戻る。

IMG_0810.jpg

夜中じゅう、この移動は繰り返されました。
あったかいのはいいんですが、
問題はやそきちさんがどこにいようともワタシの身体のどこかを枕に使うので、
実に寝返りがうちにくいってことです。

IMG_0715.jpg

とはいえ今週末からサマータイムも始まることですし、
やそきちさんとべたべたする季節がそろそろ終わりそうです。




Appendix

プロフィール

おやこむぎ

Author:おやこむぎ
やそきち(7才、へなちょこパグ)は、ヤソキチチ、ハハと3人で暮らしています。
昼寝の友だったアネは遠いニッポンにいるので最近は一緒に昼寝ができません。
アニは時々新人アイドルを連れてくるのでトップアイドルの座を奪われちょっとおもしろくない。
おやことこむぎちゃんはココロのトモ。

最新トラックバック

カテゴリ

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。